大事な資金を預けるなら投資顧問はよく選ぶべきです。安心して株取引に参加できるように良きアドバイスをしてくれる投資顧問を選びましょう。当サイトは投資顧問株式会社の情報サイトです。

日興で投資顧問を利用するときの期限の考え方

投資顧問として日興で一任契約を結んで資産を増やそうと思ったときに、いつまで運用を任せるのかという期限は自分で決めておかなければなりません。というのは、資金をいつまでに必要とするのかはそれぞれの人によって異なるからです。投資顧問の一任契約を結んで運用を任せる人の多くは中長期の資産運用を目的としているでしょう。短期売買で利用するのではなくて、数年から数十年というスパンで運用を任せたいという人は多くいるはずです。しかし、中長期といっても期間はそれぞれによって異なります。

たとえば、次に資金を利用する当てが全くなくて、ずっと任せておきたいと考える人もいるかもしれません。いつ引き出すわけでもなく、ずっと運用をするというニーズもあります。それとは別に、10年間だけ運用を任せたいというニーズもあります。10年後に必要となることがわかっている場合に、少しでも増やそうと考えているのなら一任契約を結んでおくのは良い方法です。

期限を自分なりに決めておく必要がある理由は、それによって選び方が異なるからです。たとえば、10年といえばそれほど長い期間ではありませんから、価格が大きく変動する金融商品に投資するのは適していません。どちらかというと変動の小さいものを選ぶべきでしょう。しかし、期限がなく、ずっと預けておくのであれば、短期間の価格変動は大きくても大きなリターンを見込める金融商品を選ぶことができるというメリットがあります。運用する機関によってリスクとリターンの取り方が変わってきますから、それによって資産運用のスタイルがわかるのです。投資顧問に相談をする時にも、どれくらいのリスクをとるべきなのかを把握しておかなければならず、そのために期限を考えておくことは必要です。