大事な資金を預けるなら投資顧問はよく選ぶべきです。安心して株取引に参加できるように良きアドバイスをしてくれる投資顧問を選びましょう。当サイトは投資顧問株式会社の情報サイトです。

国際投信投資顧問と成功報酬の利益率

国際投信投資顧問は企業の資金を運用したり、投資信託などに関するアドバイスをする業者のことで料金体系に関しては様々なものが有るのですが、固定制の場合は会費を毎月支払うことで投資に関する助言をもらえるもので、助言ができなかった月には無料となる契約もあります。
損失補てんは法律によって禁じられているので、無料にすることはサービスを行わなかったことに対する割引です。
国際投信投資顧問では従量制の料金体系の場合があり、これは助言を受けた銘柄の数によって料金が決められるというもので、投資助言業とも呼ばれています。
国際投信投資顧問では成功報酬に一定の率の報酬をもらうという成功報酬制があります。
基本的な報酬率としては10%から30%となっていて、固定制と組み合わせることもあります。
投資信託は一定の確率で投資の失敗があるのですが、これに関しては投資家を保護する法律があるので、損失補てんは認められていません。
顧客側からの要請に応えることも法律違反になるので、金融商品取引法に違反をしない範囲で顧客との関係性を保つ必要があります。
とくにリーマンショック以降の株価の乱高下ではかなりの損失を出したので、個人的に投資顧問をしていた場合は顧客にも大きな損失が出ました。
また投資顧問会社に関しては大きな資金を投資することが多いので、トラブルが少なからず起きることがあり、違法な勧誘方法で顧客を集めたり、必ず儲かるという甘い言葉で顧客を集めるなどの行為が現在でもあるのですが、これらに関しては2006年の金融商品取引法によって厳しく取り締まられているので、これらの勧誘は金融商品取引法違反で逮捕されることがあります。
また被害者が多い場合などには詐欺罪での立件などの対象にもなります。