大事な資金を預けるなら投資顧問はよく選ぶべきです。安心して株取引に参加できるように良きアドバイスをしてくれる投資顧問を選びましょう。当サイトは投資顧問株式会社の情報サイトです。

公共投資顧問株式会社について

 公共投資顧問株式会社は公共建物グループの会社です。グループ内の資産運用を主要業務としています。グループとして蓄積されたノウハウをもとに主に不動産投資を中心に、顧客からの出資をうけ資産運用をしています。
 不動産開発、不動産を担保にした再建、不動産から派生したビジネスについての分野が得意で、顧客の運用方針をもとに時流に沿った助言を提供し様々な形で資産を運用していきます。
 公共投資顧問株式会社は投資後も顧客の希望する投資計画を尊重しつつその資産価値の向上、税金などのコスト面の管理、運用指図等綿密な資産の運用管理を行っています。
 マーケットの現状をいち早く分析し、制度の変化を盛り込み、柔軟かつ迅速に投資計画案を提出しその運用が収容したときに利益率がなるべく高くなることを目指す事業内容になっています。
 たとえば公共投資顧問株式会社が売出し中のファンドに「公共レジデンシャルファンド」があります。これは築浅で空き室の少ない安定収益をあげられるような賃貸マンションに中長期で投資するものです。
 また住友商事と組んで、物流拠点になるような不動産に投資を行う大型物流ファンドなども計画しています。Eコマースの増大に際し物流施設は既存物件で98パーセント稼働するほど需要が底堅く、安定的な資産運用が見込まれる内容になっています。
 このように様々な不動産の投資ファンドを募集し、安定的な運用を行っている信頼性の高い企業の一つである公共投資顧問株式会社はミドルリスクミドルリターンの運用が望まれる30代から40代の世代にとってはかなり有力な資産の投資先と考えてよいと思います。貯金のみだと実質的な価値は下がっていくインフレの世の名様々な形で資産形成をしていきたいものです。